TEL 0797-81-8461
予約優先・各種保険取扱・急患随時受付
Dental Column歯科コラム
2007/10/13
「すきっ歯をラミネートベニアで治したい」

すきっ歯、つまり、歯と歯の間に隙間が生じてしまっているような歯並びを治したい場合、色々な方法があります。

ramirami.jpg

例えば、歯と歯の間に、プラスティックのレジンと呼ばれる材料を埋めて治す方法。
これだと、保険治療で行えますので、金額的には安価で治せますが、時間が経つと変色などの可能性が生じます。

つぎに、歯科矯正によって治す方法。
この場合は、ケースによりますが、この前歯2本だけで治すことが不可能な場合も多く、全体的に上と下にワイヤーをはめて治すことになります。期間が少しかかることや費用などがかかりますが、自分の歯を削らずに残せるのが利点です。

そして、この方の場合は、前歯2本の白濁(先端が白っぽくなっている)のも気にされていたため、上記2つの治療法ではなく、ラミネートベニアとよばれる、付けツメのようなセラミックスで治療を行いました。

まず、最初に技工士さんと、仕上がりの予測を模型上で行いました。

mokei.jpg

もともとの歯のサイズに比べ、やや横幅が太くなる可能性などがありましたが、そのあたりも含め、仕上がりのイメージを患者さんと共有し、このゴールをもとに、治療計画を立てました。

最小限の削る量で済むように、ガイドも作製し、削って行きます。

reejin.jpg

そして、セットしたのが、最初の写真の右側の状態です。

このように、セラミックスの治療を行う場合、技工士さんと綿密な打ち合わせのもと、ゴールの設計を立て、それに基づいて歯科医は歯を削ります。
家を建てるのにも似ていますね。設計士さんとの計画のもとで家が造られるようなものです。歯も毎日使うものですから、丈夫で綺麗で長持ちするものを作って行きたいと思っています。

2016/01

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Monthly Archives

▲ PAGE TOP