TEL 0797-81-8461
予約優先・各種保険取扱・急患随時受付
Dental Column歯科コラム
2007/11/11
「インプラントと入れ歯の差」

denden.jpg

多くの歯が失われた場合、従来は入れ歯を選択することがほとんどでした。
入れ歯には、部分入れ歯と、総入れ歯の大きく分けると2タイプあります。上記写真は、部分入れ歯と呼ばれるものです。


部分入れ歯には、残っている歯に金具をひっかける金具が設計されており、留め金や床のあるタイプの義歯は、口内に違和感や不快感を感じる方が多く、見た目も良いとは言いがたいのが実情です。

また、部分義歯も、ブリッジも、隣の健康な歯を支えにするために削ったり、支える力が加わるために、ストレスやダメージを受ける上に、歯磨きが難しくなるので、 虫歯や歯周病になりやすくなるリスクが高まります。歯の健康に気を配る必要があります。

fulden.jpg

上記写真は、総入れ歯です。粘膜の上に吸着させることで使います。右側の写真を見ていただければわかるように、裏側には支えになるのものが無く、歯が無い歯ぐきにかぶせる(乗せる)だけなので、支える安定感に乏しく、固いものを噛むことはできません。

総入れ歯は歯ぐきの粘膜の張り付く力が唯一の支えですが、その不安定さを解消させるために、入れ歯安定剤を使用する場合があります。
ただし、合わない義歯や、かみ合わせに狂いのある義歯、骨が退化して変形した場合には、入れ歯安定剤の使用が好ましくない場合もあります。

ケースによっては、インプラントと入れ歯を両方使用する場合があります。入れ歯を支えるためのインプラントです。吸着の力にのみ頼らざるを得ない入れ歯の不安定感を、インプラントで補う目的で行われます。

2016/01

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Monthly Archives

▲ PAGE TOP