TEL 0797-81-8461
予約優先・各種保険取扱・急患随時受付
Dental Column歯科コラム
2007/09/09
「妊娠と歯周病について」

「妊娠してから歯ぐきから血が出るようになった・・」これも、よく見受けられる症状です。原因は、「妊娠と虫歯について」のコラムで書いたようなものに加え、一番大きな原因を占めるのが、ホルモンバランスの変化です。これは、食い止め用がありません。
ホルモンバランスが変化することによって、お口の中では、これら、エストロゲンやプロゲステロンなどのホルモンを好む歯周病菌が増加してしまうのです。そのため、妊娠5〜20週の妊婦さんには歯ぐきからの出血や、腫れなどを訴えられる方が多くいらっしゃるのです。

これらを改善する方法は、やはり歯周病菌を取り除くこと、歯周病菌が大好きな’磨き残し’を減らすことが一番です。
どんどんお腹が大きくなって行くと、歯科医院に通院するのも一苦労です。つわりが一段落したころでも遅くはありません。こういった出血が無い方も、将来的に出血が生じる可能性も否定出来ないので、一度、検診を兼ねてお掃除されることをお勧めします。
そして、お家でのきちんとした歯磨きの仕方をマスターすれば、問題なく出産の日を迎えられることが出来ると思いますよ!

ちなみに、これらの出血を放置しておくと・・
出産後、ホルモンバランスが改善されても、歯周病の原因である歯垢や歯石が残っているままだと、じわじわと歯周病は進行してしまいます。出産後は育児が待っているので、マタニティの時期よりももっと大変!やはり、早めのケアが大切ですよ。

2016/01

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Monthly Archives

▲ PAGE TOP