TEL 0797-81-8461
予約優先・各種保険取扱・急患随時受付
Dental Column歯科コラム
2007/10/11
「ホワイトニングとセラミックス治療」

ホワイトニングと言うものは、自分の歯を白くするもの、ですので、人工の歯はホワイトニングでは白くすることが出来ません。この場合は、治療の対象となります。

morita.jpg

つまり、以前つめたことのある、レジンというプラスティックの材料や、前歯の差し歯などは、そのモノをやりかえないと、それ以上は白くすることが出来ないのです。
例えば、このケース。

この方の場合、左の前歯が1本、保険の差し歯が入っており、全体的に白くしたいとのことで来院されました。

そこで、まず先にホワイトニングを行い(オフィスホワイトニングとホームホワイトニング)、白くなった時点で撮影したのが左側の写真です。

その後、左の前歯をオールセラミックス、プロセラを用いてホワイトニング後の色と同じ人工の歯をセットしたのが右側の写真です。

保険の差し歯の場合や、メタルボンドという金属の裏打ちのあるセラミックスの場合は歯ぐきと歯の境目に金属のラインが目立ってしまったり、また、保険の場合だと、白い部分がプラスティックのレジンで出来ているため、時間が経つと黄ばんで来てしまう欠点があります。

ところが、オールセラミックスの場合は、金属のラインも出ることが無く、セラミックスの色もとても白くて、天然の歯みたいな仕上がりになるので、ホワイトニング後の治療には最適な材料です。

他にも、自分の歯なのに、神経が無い為に暗くなっているケースなどもあります。このケースに関しては、別のコーナーでお話ししますね。

最初のカウンセリングの時に、このようなホワイトニングで白くならない部分の治療方法に関して、提案をさせて頂きますので、ご不安がある場合は、遠慮なくおっしゃってくださいね。


2016/01

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Monthly Archives

▲ PAGE TOP