TEL 0797-81-8461
予約優先・各種保険取扱・急患随時受付

ホワイトニング

「ホワイトニング」と聞いて、どんなものかイメージが湧きますか?

歯のホワイトニングには、汚れを取る事から、自分の歯の色を白くする事や、セラミックで白く変える事まで、色んな意味があります。

ここでは、あえて、「自分の歯を白くする事」に照準を当てて行きます。

詳しくは、コラム;ホワイトニングを、ご覧下さいね。

当院でのホワイトニングは、オフィスホワイトニングという医院で進めて行くものから、ご自宅で行って頂くホームホワイトニングというものの2種類を行っています。

従来のホワイトニングに比べると、海外からの材料の直接輸入や、様々な取り組みの結果、価格的にも、少し手が届きやすくなったのでは?と思います。

カウンセリングは無料で行っておりますので、「話だけでも聞いてみたい・・」そんな方でも、お気軽にご連絡下さいね。
院長自ら、ご質問には何でもお答え致します!

メールは、info@santacruz-zukadental.com までお問い合わせ下さい。

ご予約は、メールでも、お電話でも承っております。 0797−81−8461まで。

Dental Column歯科コラム

症例 <歯肉のメラニンを除去してピンク色にしたい>

gumbreach.jpgこの方は、喫煙されていらっしゃいました。その為に、歯肉にあるメラニン色素が増殖し、歯肉が黒っぽくなっていました。
喫煙などによる刺激が原因で、このような「歯肉のメラニン沈着」はおこります。
その他、喫煙されていない方でのメラニンが沈着しやすい方もいらっしゃいますし、また、治療などで使用する金属を削った時の粉が歯肉に刺さることによって起こる「メタルタトウー」というものもあります。

今回は、喫煙が原因によるものでしたので、フェノール法という方法によって歯肉のメラニンを除去する処置を行いました。


この方法は、まず、歯肉の表面に塗るタイプの麻酔を塗布するところから始めます。
その後、メラニンが気になる箇所にお薬を塗布して行きます。
お肌で言えば、ケミカルピーリングに似ていますが、メラニン色素が増殖してしまった歯肉をお薬を用いて腐食させ新しい歯肉を再生させることで、綺麗なピンク色の歯肉を取り戻すという方法です。
お薬塗布直後は、白い歯肉になりますが、これは、皮膚で言うかさぶたのようなもので、歯肉は軟組織と言って皮膚とは構造が違うため、白っぽく見えます。(口内炎も白っぽくなりますよね?)
このしろっぽいかさぶたは、3〜4日前後で自然にポロリとはがれます。
痛みは、ほとんど無いようです。ぴりぴりした感じがするとおっしゃられる方もいますが、90%の方が、全然問題なく痛くないですとおっしゃっています。

その後、1週間後に来院して頂いた状態が一番下の写真になります。
初診時に気になっていらっしゃったメラニンはピンク色に変わっているのがわかります。

メラニン色素の沈着量の多い箇所は、再度同じ行程を繰り返します。
というのも、沈着量が多い箇所はその分、歯肉の深い部分にお薬を届かせてあげないといけないために、数回に分けてお薬を効かせる必要があるのです。

当院では2回のお薬塗布をひとつのコースとして取り扱っています。
2回でも気になるような濃いメラニンのある場所は、追加でお薬を塗布することも可能です。

今後は、喫煙をやめて頂けると歯肉の色持ちも良いのですが、1日に1箱など多く喫煙をされる方の場合は、後戻りを生じることがほとんどです。
どうしても喫煙が辞められない方の場合は、色が戻ってきはじめた頃に、再度同じ処置をする必要が出てくる可能性が高いです。

これを機会に禁煙できれば、とても良いのですが‥ 出来そうな方は頑張ってくださいね!

治療に必要としたこと

•歯肉メラニン除去(2回1セットのコース)

READ MORE...

症例 <古い被せのメタルのラインを無くしたい>

ueda-cera.jpg

この方は、10年以上前に上の右側の歯をメタルボンドブリッジによって治療されました。その時に、歯並びの改善も一緒に行う為に前から2番目の歯を抜歯されていらっしゃいました。
おそらく、治療後すぐは綺麗な状態だったのだろうと推測しますが、10年経過するうちに、歯と歯肉の境目に、黒いラインが露出するようになり、また色も天然の歯に比べてやや人工的な仕上がりなのが気になったのでしょう。

全体的な歯の色の改善と、古いメタルボンドブリッジの被せをオールセラミックスに変えるという治療を希望されました。

今回のケースは、歯肉の状態は健康なのでとりあえず古い被せものを除去し仮歯に置き換えるところからスタートしました。歯の状態も悪くないので、神経もそのまま残した状態でホワイトニングを開始しました。
約1ヶ月ほどで希望の白さになられたので、その時点で前歯の型取りに入ります。
型取りさえ行えると、その後3週間でセラミックは完成します。

ここまで要した期間は、約2〜3ヶ月といったところです。
例えば、なかなかホワイトニングが進まず、色が白くならなかったり、古い被せの中で虫歯が進行していたり、神経まで処置が必要なケースだともう少し期間がかかるでしょう。

完成後の写真だけを見ると、どの歯がセラミックスかわからないくらいの良い仕上がりになりました。今後も、この状態を1日でも長く維持して頂けたらと願います。

治療に必要としたこと

•オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用
•オールセラミックス(ジルコニアブリッジ使用)

READ MORE...

症例 <酸蝕症で溶けた歯を治したいケース>

sakagami-cera.gif

この方は、お酢によってお口全体の歯が溶けてしまったことによる見た目の改善を希望されて来院されました。黒酢やりんご酢など体に良いと思い、お酢を飲んでいらっしゃったそうですが、飲んだ後にそのままの状態で過ごされていると、お口の中が常に酸性の状態になってしまいます。その為に、歯のエナメル質という硬い組織は溶けて術前のような状態になるのです。

拒食症などによる嘔吐によっても胃酸が原因で、酸蝕症のために歯が溶けるケースというものもあります。


この方は、前歯だけでなく奥歯も溶けていた為に、全体的な噛み合わせも含めて改善する必要がありました。残せない歯も多数あり、ブリッジ(橋渡しによる治療)が不可能な箇所については、インプラント治療も併用して行いました。

まずは、酸性のお酢などの採り方に関する指導、歯磨き指導などを行いました。
そして、虫歯の治療や根の治療をスタートし、全体的に仮歯を入れて噛み合わせの改善をおこないました。
また併用して、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングも行い、歯の色の改善も行いました。

奥歯のポジションが安定したのを確認した後、上の前歯を作成、オールセラミックスによって見た目と機能の回復を行いました。

治療に必要としたこと

•オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの併用
•奥歯のインプラント治療
•上の前歯のセラミックス治療(アルミナセラミック単冠‥つなげずに1本ずつのセラミックスです)
•その他、抜歯や虫歯治療、奥歯はブリッジによる治療も行っています。

READ MORE...

症例 <見た目を綺麗にしたいケース>

murai-cera.gif

この方は、植の前歯の左側にある古い被せものを綺麗にしたい、見た目の印象を明るくしたい、そんな希望をもって来院されました。

全体的に診査を行ったところ、左上前歯の2番目の歯は根の先に大きな病巣を持っており、残すことを不可能と判断、抜歯をして3本分のブリッジ(3本分をつなげて一塊にして治す方法)で見た目の改善を行うこととなりました。

また、全体の印象を明るくする為に、オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行い、下の前歯の古いプラスティックはホワイトニング後に詰め替えを行うこととなりました。

まずは、歯のお掃除。お家でもきちんとメインテナンスが行えるように歯磨きの指導から行います。
そして、上の前歯の古い被せものを外し、仮歯をセットします。
その後、抜歯予定の歯を抜き、歯肉が治るのを待ちます。
傷跡が治るのに数ヶ月かかりますので、その間にホワイトニングを行います。
ホワイトニングでご自身の歯の色が決まったら、下の前歯のプラスティックを詰め替えます。
そして、上の前歯の傷跡が治ったのを確認した後、セラミックスの型取りを行います。
型取りが終わると、約3週間後にセラミックをセットします。

ここまでの治療期間は、最短で約5ヶ月。
歯肉の治る期間やホワイトニングで希望の色を出すまでの期間に個人差があるので一概には言えませんが、歯を抜くと、その分、歯肉が治るまで少し時間がかかります。

ちなみに、上の右側の2番目の歯は健康なので、見た目の改善は色の改善だけをおこないました。頑張ってお掃除を続けながら今の状態のまま少しでも長く維持出来ればと考えています。


治療に必要としたこと

•オフィスホワイトニングとホームホワイトニング併用コース
•オールセラミックスブリッジ(ジルコニア使用)

READ MORE...

「クリーニングについて」

creaning.jpg

歯のクリーニング、これらには、歯石をはじき取るスケーリングと、歯の表面に付着したステインやバイオフィルムを破壊する目的のポリッシングなども含んでいます。

歯石は、プラークと呼ばれるしろっぽいネバネバしたものが、唾液中のカルシウムなどが沈着することで硬くなったもので、お家での歯ブラシなどでは取り去ることが出来ません。
歯科医院で、超音波と呼ばれる器械を用いて、はじき取ったり、ハンドスケーラーと呼ばれる器具でないと取ることが出来ません。

一方、コーヒーなど食べ物による茶渋や、タバコなどのステインは、普段の歯磨き粉などでは完全に取り去ることが難しく、研磨性の高い歯磨き粉などもあ市販されていますが、やはり限界はあります。

これら、歯の表面に付着する汚れは、放置しておくと、歯肉炎や歯周炎となって、歯ぐきからの出血、口臭などの原因となります。
ですので、たくさん溜める前に除去するのが理想です。


jojojojo.jpg

当院では、
(1)3ヶ月〜6ヶ月以内の歯のクリーニングと定期検診
(2)普段から、汚れをできるだけ溜めないようにするためのメインテナンス法の指導

を、おすすめしています。

また、汚れのたまるペースなどは、個人差がございますので、その人、その人によって、メインテナンスの間隔は異なります。
治療終了時に、次回のご来院日の目安をお伝えしておりますので、スタッフまでお尋ね下さい。

READ MORE...

「シェードガイドとは?」

shade_img_01.jpg

ホワイトニングやセラミックの治療の際に、重要なのが、歯の色です。
歯の色は、シェードガイドという、色見本で、大体の色の明るさやトーンなどを見比べ、その指標とします。

例えば、ホワイトニングの場合。
始めに来て頂いた時の歯のお色は、どのぐらいで、ホワイトニング後には、どの程度明るくなったのかを、確認する為に使います。

つぎに、セラミックスなど被せの色を見る場合。
患者さんのお口によって異なる歯の色を、技工士さんに伝える為にこのシェードガイドは用いられます。場合によっては、実際にお口の写真を撮らせて頂く時に、このシェードガイドを一緒に写し込んで、色を伝える場合もあります。

455.jpg
↑ 技工士さんにシェードガイドを用いて色を伝える場合の一例

READ MORE...

「神経が無い歯のホワイトニング」

不幸にも、神経を抜いてしまった歯の場合、時間が経つに連れて、徐々に歯の色は褐色〜灰色を呈し、その色が目立ってくるようになって来ます。このような場合、普通にホワイトニングだけでは、効果が出にくい場合もあります。

morimori.jpg

このような場合、神経が無い歯の色にもよりますが、これぐらいの褐色であれば、ホワイトニングのみで白くすることが可能な場合もあります。

この方の場合は、左の前歯が何十年か前に神経を取られ、その後徐々に色が暗くなってしまい、それが気になるとのことで来院されました。

オフィスホワイトニングでは、均一にお薬を歯に塗布しますので、この場合であれば、ホームホワイトニングが適応となります。

ホームホワイトニングには、お薬の濃度が3段階ほどありますので、始めから一番高い濃度のものを選び、ご自宅で毎日ホームホワイトニングをして頂きます。
神経が無いため、始めから高い濃度のホワイトニングを使用してもお痛みが無いのです。

また、必要であれば、歯の内部からホワイトニング剤を入れて白くすることもあります。

そして、この方の場合は、ご自宅がメインで、オフィスホワイトニングも同時に行いました。

結果、白くなったのが左の写真です。

その後、1週間に1度くらいのペースでホームホワイトニングを続けて頂き、3〜6ヶ月に一度の定期検診でフォローします。

しかし、不幸にもケースによっては、ホワイトニングでは全く効果がでない場合もあります。やってみないとわからない部分が多いのがホワイトニングの欠点の1つかも知れません。

仮に、このケースの方が白くならなかった場合は、残された方法はセラミックスなどの差し歯で治すしかありません。ホワイトニングは、歯を削らずに白くできるのが利点であるため、削らないと白くできないケースの場合は、ホワイトニングの適応外となります。

詳しくは、ご相談下さいね。

READ MORE...

「ホワイトニングとセラミックス治療」

ホワイトニングと言うものは、自分の歯を白くするもの、ですので、人工の歯はホワイトニングでは白くすることが出来ません。この場合は、治療の対象となります。

morita.jpg

つまり、以前つめたことのある、レジンというプラスティックの材料や、前歯の差し歯などは、そのモノをやりかえないと、それ以上は白くすることが出来ないのです。
例えば、このケース。

この方の場合、左の前歯が1本、保険の差し歯が入っており、全体的に白くしたいとのことで来院されました。

そこで、まず先にホワイトニングを行い(オフィスホワイトニングとホームホワイトニング)、白くなった時点で撮影したのが左側の写真です。

その後、左の前歯をオールセラミックス、プロセラを用いてホワイトニング後の色と同じ人工の歯をセットしたのが右側の写真です。

保険の差し歯の場合や、メタルボンドという金属の裏打ちのあるセラミックスの場合は歯ぐきと歯の境目に金属のラインが目立ってしまったり、また、保険の場合だと、白い部分がプラスティックのレジンで出来ているため、時間が経つと黄ばんで来てしまう欠点があります。

ところが、オールセラミックスの場合は、金属のラインも出ることが無く、セラミックスの色もとても白くて、天然の歯みたいな仕上がりになるので、ホワイトニング後の治療には最適な材料です。

他にも、自分の歯なのに、神経が無い為に暗くなっているケースなどもあります。このケースに関しては、別のコーナーでお話ししますね。

最初のカウンセリングの時に、このようなホワイトニングで白くならない部分の治療方法に関して、提案をさせて頂きますので、ご不安がある場合は、遠慮なくおっしゃってくださいね。


READ MORE...

「ホワイトニング後、注意すること」

ここでは、ホワイトニングを行うにあたって、術後、気をつけて頂きたいことを挙げてみましょう。


オフィスホワイトニング後

・直後30分の、濃い色の飲食、または喫煙などはお控え下さい。かえって、着色が浸透することもあります。
・また、オフィスホワイトニング後24時間は、特に濃い色の飲食、喫煙などは控えて頂いた方が効果的です。
・オフィスホワイトニング後24〜48時間は、時々、不快症状が生じることもあります。軽度のものであれば、3日後以降、治まることもありますが、長引くようであればご連絡下さい。


ホームホワイトニング後

・ホームホワイトニングの場合は、ほぼ毎日ホワイトニングを行って頂きますので、特に直後30分だけは、濃い色の飲食や喫煙をお控え下さい。
・また、濃い色の飲食や喫煙などをされた場合は、色素が歯の内部に浸透する前に、歯磨きやうがい、ガムなどを噛んで頂くなど、ご配慮頂けると幸いです。
・ホームホワイトニングの場合は、慢性的に、凍みや違和感などの症状がある方も出て来られます。軽度であれば問題ないことも多いですが、ジェルの濃度を下げたり、装着時間を短くするなどの改善策もございます。ご不安があるようでしたら、一度ご連絡下さい。

READ MORE...

「ホワイトニングが不可能な場合」

ホワイトニングが行えない場合や、時期を避けた方が良い方などがいらっしゃいます。必ず、お読み下さい。


■ホワイトニングが不可能な場合

・無カタラーゼ症の人 (ホワイトニングのお薬を分解する酵素を体内に持っていない人の為、ホワイトニング禁忌です。)
・前歯がすべて差し歯の人 (差し歯はホワイトニングでは白くすることが出来ません。差し歯ばかりの場合、ホワイトニングではなくセラミック治療などで白くすることが可能です。)
・テトラサイクリン歯;3度〜4度の方 (1〜2度の場合はホワイトニングが可能なケースもありますが、3〜4度までになってしまうと、思うようにホワイトニングでは効果を発揮しない場合もあります。詳しくは、ご来院頂ければと思います。)
・妊婦、授乳婦の方 (妊婦さんや授乳中の方への安全性が、現在の所確立されておりません。万が一に備え、当院では時期を改めて頂いております。)
・18歳以下の場合 (小児〜の場合、歯の根尖が閉じていれば問題ないとする先生もいらっしゃいます。当院では、18歳以下の場合、としておりますが、個人差も考慮し、18歳以下であってもホワイトニングを行うケースもあります。詳しくはご相談下さい。)

READ MORE...

▲ PAGE TOP