TEL 0797-81-8461
予約優先・各種保険取扱・急患随時受付
Dental Column歯科コラム
2007/09/09
「治療に適した時期は、妊娠中期です」

しばらく歯医者さんに行っていなかったけれど、妊娠を期に一度診てもらおうかしら・・?
そう行って受診される方はだいたいの方がつわりのおさまった安定期、4〜5ヶ月頃に受診される方が多いです。
しかし、時々、虫歯や歯周病を放置していて、歯が痛い!と思った時には、すでに妊娠後期・・と言う方も、少なからずお見かけします。

妊娠の間は、初期、中期、後期に分類されます。
妊娠初期は大切な器官形成がされている時期で、流産のリスクやつわりなどもあり、応急的な処置のみに徹したい時期です。また、妊娠後期になると、お腹が大きくなってくるので歯科用の椅子に長時間座るのが大変になったり、場合によっては、足の付け根の血管が圧迫され、低血圧に(貧血様症状など)になったりすることもあります。

これらを踏まえて考えると、治療にベストな時期は安定期の4ヶ月頃から8ヶ月頃だと言えます。
しかし、初期や後期だからといって治療が不可能な訳ではありません。これらのリスクと治療の必要性をふまえ、治療すべきと判断すれば、治療を行うこともあります。
気になる症状と、体の状態を照らし合わせ、お気軽にご相談下さいね。

2018/09

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

Monthly Archives

▲ PAGE TOP